HOME>みんなの声>丈夫な家を建てよう!地震に負けない家を建てるには

丈夫な家を建てよう!地震に負けない家を建てるには

地震被害

日本は地震などの自然災害の多い国です。来るべき災害に備えて、マイホームはしっかりと対策しておきましょう。耐震性に優れた家を建てた人は、どういった基準で家を建てたのかチェックしておきましょう。

レビュー一覧

万が一の揺れで変形しない構造を選びました

大きな地震で実家の柱が歪んでしまった事を知り、新しい住宅を建築する際には、変形しにくい構造の住宅を建てたいと考えていました。そして地震に強い家を建築するために、業者と相談をしながら選んだのが、地震の揺れを吸収する機能を持っている住宅です。かなり強い横揺れが発生しても、その揺れを吸収するように住宅全体が動いてくれるために、地震で柱などが変形する可能性を小さくする事ができます。ただ頑丈な建築資材などを使ってもらうだけでなく、構造にこだわりを持つ事こそが、地震に強い家を建てるために重要な事だと勉強になりました。現在でも住宅は変形しておらず、大きな地震が発生しても大丈夫なはずだと、不安にならずに毎日を過ごせています。
(30代・男性)

耐震強度テストで優秀な成績を残しているのが決め手でした

自宅を購入する際に一番重視したのは、耐震強度テストをしっかり行っている住宅を選ぶという事です。震度の大きい地震にも耐えられる住宅として、売り出されている住宅を見かける事はありましたが、その情報だけで信用するべきか迷っていました。しかし耐震強度テストを行っている住宅であれば、そのテストの結果を比較しながら、どの物件を購入するべきか決める事ができます。テストの内容まで詳細に公開している、信頼できる業者を見付ける事ができたのも、安心して自宅を購入できた理由です。耐震強度テストで優秀な成績を残せた、地震に強い家で生活するようになってからは、小さな揺れには怯えずに済んでいます。家族を安心させてあげるためにも、耐震性にこだわって正解でした。
(40代・男性)